オリジナルはんこで環境保全活動に寄付


温暖化や森林伐採、水質汚濁、乱獲などにより、絶滅の恐れがある野生生物をまとめたレッドリストには、現在約24,000種以上もの生物が掲載されているそうです。

環境を破壊し、こんな状況を作ってしまったのは私たち人間なのに、24,000種もの生物が絶滅の恐れがあるということを知る人は少ないと思います。

かく言う私も、24,000種もの生物が絶滅の恐れがあるなんて知りもしませんでした。

 

動物たちの危機的状況を少しでも多くの人に知ってほしい、保護活動へのハードルを下げたいという想いでWWFジャパンが実施しているのが『WITH STAMP』キャンペーンです。

専用ページで苗字を入力するだけで、絶滅の恐れがある動物のシルエットが入った自分だけの「WITH STAMP」が作れます。

画像をFacebookやTwitterでシェアすることもできますし、実際に購入することもできます。

購入できるスタンプは、カジュアルバージョンの2,000円(6/29現在キャンペーン中のようで1,700円)のものと高級チタン製の20,000円(6/29現在キャンペーン中のようで16,000円)のものがあります。

送料・消費税込みの金額で、こちらを購入すると商品代金のうち600円が保護活動へと寄付されるそうです。

 

スタンプは、22,000以上対応しているそうです。

かわいいWITH STAMPが作れる上に、保護活動へ寄付ができてしまいます。

私も早速購入しました。

私のハンコには、カグーというニューカレドニア島中部以南の森林だけに見られる、サギに似た美しい鳥がデザインされていました。

天敵がいなかったため、飛翔力は失われているので、ペット目的の乱獲や、人が島に持ち込んだイヌによる捕食が原因で、一時は100羽ほどまで減り、『すごく危険』に分類されている鳥です。

現在は保護活動が実り、1,000羽近くまで回復してきているそうで、私の購入したものから寄付される600円が直接カグーの保護に使われるかはわかりませんが、保護活動でさらに生存数が増えたらいいなと思います。

 

<Sponsered Link>




コメントを残す