エイジングケアが気になるのなら、まずは生活習慣を見直そう


過去に撮った写真を整理していたら、ふと思い出しました。

2014年に参加した、見た目のアンチエイジング学会の時に発表されていたことです。

その時に、おもしろい症例を見ました。
老化の原因の70%は環境によるもので、遺伝的な要因によるものは30%だということ。
遺伝的な要因が大きいように思いがちだけれど、実は逆だという事実。
たしか…デンマークの症例だったと記憶しています。
非喫煙者と18年間喫煙を続けている双子を比較。
双子なので遺伝的要因はほぼ同じはず。
にもかかわらず、非喫煙者の方が断然若く見えたそう。
健康のためはもちろん!
やっぱりタバコはやめた方がいいってことですね。
タバコだけではなく、アルコールなど生活習慣を見直しただけでもエイジングを緩やかにすることができるかもしれません。

 

 

<Sponsered Link>




コメントを残す