日焼け止めにまつわるエトセトラ 【SPF値・PA値】



まだGWが明けたばかりですが、どんどん気温も上がり、日差しもキツくなってきていますよね。

そうすると、日焼け止めの需要が伸びるわけですが・・・

ただなんとなく、SPFの数値が高い日焼け止めを選んでいませんか?

何回かに分けて、日焼け止めを選ぶ際に気を付けたいことをご紹介します。

 

日焼け止めに記載されているSPFは何を意味するのでしょうか?

SPFからは、紫外線B波を防ぐことのできる時間を導き出すことができます。

SPF30では、計算上約10時間紫外線B波から守るという結果が出ます。

10時間あれば、出勤して退勤するくらいの時間をカバーできてしまいますよね。

ですが、メイクが汗や皮脂で崩れてしまうように、日焼け止めも同じように崩れてしまいます。

だから、1度塗って安心するのではなく、こまめに塗り直すことが大事です。

 

SPF値が紫外線B波を防ぐ目安なら、PA値は紫外線A波を防ぐ目安になります。

SPFが数値なのに対して、PAは+の数1~4個であらわされます。

+が多いほど、紫外線A波を防げる目安になります。

 

塗り直すことが前提ですが、通勤くらいであればSPF15でも十分だと私は考えています。

でも、ビーチなど行楽の場合は不十分なので、SPF値の高いものやウォータープルーフなどを選ぶようにしています。

リキッドやクリームタイプの他に、パウダータイプも持っているととても便利だと思います。

<Sponsered Link>




3件のコメント 追加

コメントを残す