日焼け止めにまつわるエトセトラ② 【紫外線A波・紫外線B波】


連日のように暑く、日差しもキツくなってきていますよね。

日焼け止めの需要が伸びる時期なので、日焼け止めにまつわることについてご紹介しています。

前回は、SPF数値についてご紹介しましたが、今回は紫外線A波とB波です。

 

紫外線と一言で表現されがちですが、紫外線にはA波・B波があります。

(C波もあるようですが、現状日焼け止めを購入する際の目安であるSPFとPAにはかかわりがないので、ここでは省略します。)

 

紫外線A波

皮膚の表皮を突き抜け、真皮にまで到達すると言われています。

真皮に到達した紫外線A波は、コラーゲンやエラスチンを破壊し、しわやたるみといった光老化の原因となります。

紫外線A波を防ぐ目安としては、PA値を参考にしましょう。

 

紫外線B波

表皮を赤く炎症させ、ひどい時にはやけどのようになってしまいます。

メラニン色素を増加させて、しみ・そばかすの原因ともなります。

いわゆる日焼けで、肌が赤くなって水ぶくれを引き起こしてしまう場合もあります。

紫外線B波を防ぐ目安としては、SPF値を参考にしましょう。

<Sponsered Link>




コメントを残す