スーパーフードでダイエットをサポートしよう


先日、春水堂でタピオカミルクティーを購入するはずが、モリンガタピオカミルクティーを見つけてしまい、ついつい浮気してしまいました。
カフェなどでもスーパーフードを使用したメニューをよく見かけるようになり、スーパーフードマイスターとしては嬉しい限りです。
2015年くらいから空前のブームとなったスーパーフード。ブームで終わらずに、着実に私たちの生活に根付いている気がします。
「興味はあるけど今更聞けない!」と思っている方や、「買ったのいいけど、使いこなせない・・・」という方にも、スーパーフードの良さを知って頂けたらと思っています。

先日の春の嵐の後、どんどん気温が上がっていますね。
そうすると、だんだん薄着になってくるので体型が気になってくる人も多いはず。
雑誌などでも夏に向けてダイエット特集が目白押し。
今年は何ダイエットに挑戦しよう??なんて思っている方もいるのでは?
(世の中に数あるダイエット法はあれど、なかなか思うように痩せられない、不調が出たという人は、自分に合わないダイエット法があるらしいので、まずはこちらの記事をチェックしてみてください。)

ダイエットをするとなると、真っ先に食べる量を減らす方が多いのではないでしょうか。
そんなケースの場合、スムージーやプロテインなどに置き換える方が多いように思います。
ダイエットのために食事が偏ってしまい、栄養バランスが崩れては意味がありません。
その時、是非スーパーフードを取り入れてほしいんです。

スーパーフードはいろんな分類をすることができますが、大きく2つに分類することができます。

  • 豊富な栄養素を含むマルチタイプ
  • 特定の成分が他に類を見ないほど突出しているタイプ
  • 2種のスーパーフードをスムージーやプロテインに混ぜて取り入れることで、栄養バランスも整います。
    もし、カルニチンなどの燃焼系サプリメントなどを取り入れているのであれば、なおさらです。
    機能的な効果のあるサプリメントは、食事のバランスが整ってこそ、発揮されやすくなります。
    栄養バランスが崩れていては、体は生きることを優先に考えますので、うまく発揮されなくなってしまいます。

    2種のスーパーフードを少し詳しくご紹介しましょう。

  • 豊富な栄養素を含むマルチタイプ
  • 青のりのような風味のスピルリナや抹茶のようなモリンガなどがあげられます。
    どちらも50種以上の栄養素を含み、スピルリナは植物性たんぱく質も優れています。

  • 特定の成分が他に類を見ないほど突出しているタイプ
  • ビタミンCが豊富なカムカムやカリウムが豊富なココナッツウォーター、ポリフェノールが豊富なマキベリーやアサイーなどがあげられます。
    こちらはシーンやお好みでセレクトしてはいかがでしょうか。

    マルチタイプでベースを整えて、突出タイプを使い分けて飽きずに続けるのがおすすめです。

    ダイエットは本来痩せるという意味ではなく、健康的な食事という意味ですが、ご存知の通り日本では痩せる意味合いで使われることがほとんど。
    ダイエットの意味、なぜ自分がダイエットをするのか、改めて考えてみてはいかがでしょうか?
    理想の体型に近づきやすくなるかもしれません。

    スーパーフードを取り入れてみようと思った方にお勧めなのが、こちらの本です。
    私がジュニアスーパーフードマイスターを取得した当初、日本スーパーフード協会の会長を務められていたいとうゆきさんの書籍です。
    日本でも手に入れやすいスーパーフードをアレンジレシピと共にご紹介くださっています。

    全米で大反響!スーパーフード便利帳

    いとうゆき 二見書房 2013年12月
    売り上げランキング : 170974

    by ヨメレバ

    <Sponsered Link>




    コメントを残す