オイル系スタイリング剤が苦手な私も虜になったミシックオイル


梅雨時期前に、ヘアスタイリング剤を見直す方も多いのではないでしょうか?
普段は、ほとんどスタイリング剤(特にオイル系)など使用していませんが、知人のすすめでミシックオイルを使用してから虜になってしまいました。
私がオイルを嫌う理由は、第一にベタつきなんですが、こちらはアボカドオイルやグレープシードオイルをベースに、ハイビスカス花エキスなどの美容・保湿成分を配合し、さらっとした使い心地です。
半乾きの状態で毛先を中心に塗布し、その後にドライヤーで乾かしていますが、しっとりと全体がまとまるのに、ベタつかずさらっとした仕上がりです。

華やかで気分が上がるような香りにもうっとりします。
トップノートは、アップル、シトラス、オゾニック
ミドルノートは、スズラン、シャクヤク、ピーチ
ラストノートは、ウッディー、ムスク、サンダルウッド
これらの香りは、日本人女性によって選び抜かれた至高の香りだそうです。

髪のタイプを選ばず、ベタつかず、続くさらさら感、惹きつけるようなツヤ感と、素早く浸透してヘアケアしてくれる点等から、バックステージのスタイリストに愛されているオイルなんだそうです。
私もフィッターとしてバックステージにいることもありますが、たしかにブランド毎、シーズン毎にヘアスタイルも大きく異なります。
売れっ子モデルなら、ランウェイからランウェイへと分刻みのスケジュールで渡り歩いている方もいます。
そんな方は、さっきまでの奇抜なヘアスタイルをすぐに解いて、今度はエレガントなストレートヘア―に・・・なーんて、ヘアスタイルのチェンジ回数も相当なもの。
ドライヤーだけでなく、アイロンやらヘアスプレーやら熱や化学物質で髪の毛が痛むのは普通の人以上。
そんなモデルのヘアセットをするバックステージのスタイリストの太鼓判がある商品だからこそ、一般の方が使っても満足度が高いんだと思います。

とっても大満足なのですが、1つ注文を付けるなら、私はボブやショートカットが多いので、ポンプタイプではなくスポイトタイプの容器の方が、使用料を調整しやすくて嬉しいかなと思います。
そして、量も半分くらいで充分かなぁ。
スタイリング剤だけでなく、洗い流さないトリートメントとしても使えるけれど、ショートの私には100mLはちょっと多すぎる・・・
でも、使用感は本当に大満足で、今までスタイリング剤を使用していなかったのがウソのように、毎日使用しています。
髪は女の命なんて言葉もありますから、ヘアケアをしっかりして紫外線ダメージからも守りましょう。


コメントを残す